屈辱の「ごはん少なめで」

絶不調なさば子です。
土曜日は暑すぎず雨も降らず、絶好の祭り日和でしたね。
さば子は事前に計画していた通りホンダまつりには行かず、久々に食べ歩きを楽しみました。
しかし残念ながら最後に行ったお店でコーヒーを飲んでいる最中、すごく胃がムカムカしてきてしまい……本当なら夕食も外で食べようと思っていたのですが、仕方なくコンビニに寄って胃に良さそうなものを翌日分も買い込み帰寮いたしました。
おかしいですね。「ホンダまつりなんてリア充イベント、雨で台無しになっちまえ!」などという卑屈なことを考えていたなら罰が当たったんだと納得できますが、さば子はそんなこと……少ししか考えていないというのに。

帰寮後、胃がムカムカではなくズキズキしてきまして、胃薬を飲んでも一向に楽にならず…。
あまりに辛かったので、生まれて初めて胃痛で痛み止めの薬を使ってしまいました。
本来、痛み止めは頭痛や歯痛、生理痛などに使用するのですが、胃痛には使っちゃいけないんですよね。
さば子は頻繁に胃が痛くなるほうなのですが、今までずっと胃薬やお腹にカイロを貼ることで凌いできました。
しかし時期が時期だけにカイロを切らしており、胃薬も効かないとあって、バファリンプレミアムを使ってしまいました。
一応痛みはなくなって楽にはなりましたが、みんなは真似しないように。

そんなわけで、結局日曜日もずっと部屋に引きこもってすごく長い時間眠っていました。
普通に朝、目が覚めるんですけど、それから食事をして洗濯や掃除をのんびりやっていると、まるで睡眠薬でも盛られたのか?っていうくらい強烈な眠気が襲ってきて、耐えられず昼過ぎに眠ってしまいました。
それから目が覚めたのは夕方の六時前だったかな? 相変わらずものすごく胃がもたれているけど、一応空腹感はあったのでバナナを食べて、お風呂に入り、寝過ぎたからさすがに眠くならないかと思いきや、普通に九時くらいに眠ってしまいました。

そして月曜日。眠気は大丈夫でしたが、やっぱりものすごく胃が不調のまま出勤。
でも出勤前に食事をしても胃痛はなく、ただただもたれているだけという感じ。
痛くさえならなければなんとか作業はできそう。
しかし、チャリでいつもの道を走ると、尋常じゃない疲れが……!
かなり体力が下がっているみたい。

足に力が入らないまま1、2ラウンドをなんとか乗り越え、昼食でさば子はホンダに来て初めて「ごはん少な目でお願いします」と頼みました……。
今まで、事前に盛ってあるごはんが少なめしかなくて頼むのも面倒だし、と仕方なく少なめを持って行ったことならありましたが、わざわざ自分から少なめを頼んだのは初です。
ふりかけをかけてでもごはんは普通か大盛を完食していたこの私が……。

しかし適量の食事をとったからか、3ラウンド目はかなりだるさがなくなり体が楽に動きました。
まあ4ラウンド目でまたスタミナ切れかなんかでだるくて足に力が入っていなかったんですけどね。
とはいえ作業はいつも通りこなせたし、他の誰にも体調不良を悟られず、休憩室での下らない雑談のときもボケ・ツッコミをどちらもテンポ良くこなせたはず。
帰りにマックスバリュに寄って胃に優しい食べ物を買おうと思ったら、バナナが一本もねえ!!!
仕方ないのでゼリーやプリンやヨーグルトに、胃に優しそうな菓子パンなどを買い帰寮。
セブンイレブンに寄ればバナナあったかもしれないんですが、飲み物をたくさん買って荷物が重た過ぎたのでやめました。
こういうとき、いつもなら栄養ドリンクで乗り切るのですが、胃が弱っているときだけは栄養ドリンクも負担になるので胃に優しい食事をとりながらゆっくり治すしかないんですよね…。

今日の記事はなんだか日記みたいな感じですね。
体調が悪くてあまりブログの記事についてあれこれ考える余裕がなかったので、とりあえずあったことをそのまま書いた感じになりました。

まだまだ暑いとはいえ、早朝や夜は以前より気温が低い日が多くなってきました。
季節の変わり目はなにかと体調を崩しやすい時期なので、身体が資本の工場勤務の皆さん、どうかさば子のようにならぬよう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました