心に残った期間工仲間たちの言葉

もうすぐ2019年終了ってまじか。
ゆるくやっていこうと思ってはいたものの、予定よりだいぶ貯金できていないさば子です。
まあ老後までまだ時間あるから…まだ取り返せるから…(小声)

そんなわけで今年も終わろうとしているので、最近振り返りも兼ねてブログ読み返したり、ライン作業中今年あったことを振り返ったりしていました。
身バレ防止とか情報漏洩に気をつけるとブログに載せられることってかなり限られてくるんですが、実際には結構いろいろあった一年だったなぁとしみじみと感じております。
そしていろいろ振り返ってみて、これは結構インパクトあったなあ、と思った期間工仲間たちの言葉をちょっとまとめてみます。
といってもこのブログに載せられるものといえばお馴染みA子さん&B子さんの二人のことが中心になるんですが。

その1:A子さん「良いパンツは高ぇんだよ」

これはある日さば子がクソダサいパンツを履いて仕事に行ったとき、更衣室で着替えるの恥ずかしかったわwという話をしていたときにA子さんが言ったこと。
A子さん曰く、そもそもたかが職場に行くために良いパンツなんかもったいない、むしろクソダサパンツは職場用にすべき、とのこと。
まあ確かに良いパンツはクソダサパンツ何枚も買えるくらい高い。

その2:B子さん「ゴディバ? てめーにはチロルがお似合いだよ」

バレンタイン時期に、B子さんのチームのおっさん(※うざい・みんなから嫌われている)が連日チョコの話題をしていてうざかったときの話。
本人は多分冗談のつもりで言っているだけで本気でチョコがほしいと催促しているわけではないようなのだが、そういう冗談はそれなりに仲が良かったり信頼関係が築けていてこそ笑ってもらえるものなので、嫌われ者が言うと本気でも冗談でも結局うざがられる。
そんなおっさんが明治製菓のチョコレートのCMの曲調で「チョコレ~ト~は、ゴ・ディ・バ♪」と歌っていたらしく、B子さんはそれを私らに愚痴りながら上記の言葉を吐き捨てた。

その3:A子さん「事故に見せかけて〇すわ」

社内にいる迷惑行為をする人々に向けてA子さんが言い放った言葉。
トイレに長時間籠る(明らかにスマホ)、更衣室の人の邪魔になる場所でたむろする、狭い階段をちんたら歩きしかも二人横並びになり追い越しさえできなくしている、歩きスマホで進路妨害等々……。
心当たりのある人はすぐにやめないとある日突然設備に挟まれて〇んだりするかもしれない。

その4:B子さん「笑い過ぎて腹筋割れたわ(真顔)」

これまたB子さんのチームのうざいおっさんの話をしていたときのこと。
みんなから嫌われていて距離を置かれているのに懲りずに人の会話に無理矢理入り込んできてクソ寒いギャグを言ってくるらしく、それを愚痴りながら上記の発言。

その5:工場女子「どう考えてもその歳でその知能はおかしいって気が付かないのかな」

見知らぬ工場女子の言葉。
これはこの記事の工場女子が言っていた発言の一部です。
その後彼女らを見ることがないので未だに件のブログをチェックしているかは不明。
もしこのブログを見ていたら、私のことは見逃してくれよな!

なんか他にもあったような気がするし、もっとインパクトあること言っている人がたくさんいるので身バレさえ怖くなければ紹介したかったんですが、とりあえず今のところこんな感じです。
今回のお言葉だけ見るとみんなかなりストレス溜まっているように見えますが、実際はあまりストレスないのでちょっとしたことは愚痴って笑い話にして流せている感じです。

最近よく思うのが、ネガティブな話題を面白く話せる能力ってほんと素晴らしいなってこと。
A子さんB子さんはそれがほんとに上手で、愚痴大会をしても嫌な気持ちが残らずに終わるのですよね。
私もブログでネガティブな情報を載せるときにはなるべくウジウジした感じにならないよう勢いをつけているのですが、実際に人と話すときにはなかなか実践できない。(そもそも人と話すの自体が上手くない
来年はこのあたりを勉強したいなあと本気で思っています。せっかく笑いと喋りの聖地(?)である大阪も近いことですしね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました