2019年、勤務終了

昨日で今年の勤務が最後でした。さば子です。
何事もなく無事終了して本当によかったと一安心なのですが……最後の一週間がとにかく長かった!
ホンダ鈴鹿にお勤めの方はきっと皆同じことを思っていたに違いない。
もちろん連休前というのは連休が待ち遠しくて長く感じるものではありますが……。
あまり稼働状況などについて記載したくはないのですが、この一週間はライン停止時間がかなり多くて普段とは全く違う疲れ方をした感じです。
いつもならライン停止は喜ばしいことなんですけどね。あまりに頻繁だったり長かったりすると、ライン作業していたほうが疲れないです。

ライン停止時間がたくさんあったので掃除や工具の手入れなどやることはやりきってしまい、チームの人と話すことが多かったのですが、基本的には楽しいんですけど、話す人が多くなってくるとだんだん気にしなければいけないことが多くなってきて気疲れしてきます。
さば子は特定の人と仲が良いということがない、いわゆる無所属状態なので比較的満遍なく程々にいろいろな人と話す感じです。
では話し相手のほうはどうかというと、大抵特定の誰かと仲が良かったり、仲良しグループや派閥的なものに属していることが多いです。
意外かもしれませんけど、仲良しグループや派閥は女性に限らず男性でも結構多いです。

仲の良い人がいるのもグループができるのも自然なことなので良いんですけど、問題は『仲良くない』ほうの人間関係で、さば子は誰とも特別仲良くないかわりに、誰とも仲悪くもないです。(チーム全員から距離を置かれている変な奴を除いて)
なので誰とでも同じくらいのテンションで話すんですけど、例えば今話しているAさんと、さっき話していたBさんは仲が良くなくて、この場合私はAさんと喋っているときにうっかり「さっきBさんとも話したんですけど~」とか言わないようにすごく気を使うわけです。

あとは、話す人が多くなったことによって今まで知らなかったいろんな人のいろんな話……特に『良くない話』を聞く機会が増えてしまったので、誰かの良くない話を聞いた後でその本人と話すことがあるとなんだか変に緊張したり。
うちのチームは人の悪口は少ない方ではありますけど、人間の集団であれば少なからずそういう話が出るものだと思っています。
なのでそれも仕方ないことと諦めてはいますし、もちろん私が知らないだけできっと私の話もなにかしら出たりしているんでしょうけど、私本人の耳に入らないように話してくれている分には、もしなにか言われていたとしても特に気にしないことにしています。(そもそも耳に入らなければ気にしようがないですし)

勤務終了という、本来であれば晴れやかな気持ちでいるべきときに更新する記事の内容にしては愚痴っぽくなってしまいましたが、それだけ精神的に疲れているという事で許してやってください。
面倒ごとに巻き込まれないように職場では完全に受け身(聞き手)に徹しているので、笑って話を聞きながら頭の中ではごちゃごちゃ考え事をし、地雷を踏まないように細心の注意を払い……私の低スペックな脳にしてはよくがんばってくれたと思います。
最後の方は人と話したり話を聞くこと自体が怖いというか、もう頭を回転させるだけの気力がなく、よく話し相手になってくれる子が近くを通ったときも何も言えずボーっとしておりました。
ここだけの話、今ほど人と話すこともなくぼっちを貫いていた頃の方が楽だったかもなー、なんて思ったり。

ごちゃごちゃ書きましたけど、とにかく今はホッとしています。
連休中は帰省しますので、予約投稿でいくつか記事を投稿はしますが、帰省中は全くパソコンを触らない(というか地元に持って帰らない)のでそれほど頻繁に更新はしないです。
帰省したらこの一週間で溜め込んだモヤモヤは全部捨てて、仕事のことは考えずひたすらのんびり、あとはできる限りの親孝行です。

そんなわけで全国の期間工の皆様。お疲れ様でした&良いお年を!

コメント

タイトルとURLをコピーしました