スポンサーリンク

津市に行ってきたが行きはよいよい帰りは怖すぎだった

ナビタイムさん鬼畜すぎです。さば子です。
今日は先日鈴鹿市の隣の『津市』に行ってきたときの話をするよ。

さば子は趣味関係でたまーに津に行くんですが、鈴鹿氏からは10キロ以上離れているんで、当然いつも電車に乗るんです。
が、その日はなんか、晴れてたんですよね。なにを思ったのか、さば子は自転車で駅へ向かう最中、
「あれ、このままチャリで行けるんじゃね?」
と思ってしまい、駅を通り過ぎてそのまま自転車で津に向かうことにしてしまったわけです。

道はほぼ平坦。およそ1時間30分で到着。

行きはグーグルマップに道案内を頼みました。
もともとは白子駅から電車に乗ろうと思っていたんですが、白子駅は自転車置き場が有料なこともあって毎回なんとなく損した気分に。

ご覧の通り、道自体は単純。国道23号線をひたすら走ればよい。
この日は天気が良く風も穏やかだった上、高低差もほとんどなかったのでほぼジャスト1時間30分で目的地に到着。
グーグルマップは一応自転車マークがあるのだけど使えないため、さば子はいつも車モードにして大体その三倍の時間がかかるだろうと予測しているんですが、めっちゃピッタリですね。
初めて走る道は新鮮で、距離的にもちょっとした運動という感じで良いコースでした。

『高虎ドッグ』に行くべし!

午前9時30分頃には用事が終わってしまったので、ちょっと津市内で行きたかったお店に行くことに。
その名も『高虎ドッグ』。有名なホットドッグ屋さんなんです。
駅から離れているため、電車で来ていたときはなかなか行けなかったんですが、自転車なら多少の距離もなんのその。

【移転】高虎ドッグ - 阿漕/サンドイッチ [食べログ]
高虎ドッグ (阿漕/サンドイッチ)の店舗情報は食べログでチェック! 【分煙】口コミや評価、写真など、ユーザーによるリアルな情報が満載です!地図や料理メニューなどの詳細情報も充実。

人気店なので結構混んでて並んだり席が埋まっちゃってたりすることが多いようなのですが、この日は平日で、しかも午前10時過ぎでランチの時間前だったので余裕でした。

高虎ドッグ

ヨットハーバーのすぐそばにあるので、窓からはヨットやら海やら見えてすごく良い。
鈴鹿市も海が近いけど、津に来た時のほうが実際に海を見る機会が多くてワクワクしますね。

窓からの景色

モーニングの時間帯だったので、モーニングセット(好きなホットドッグのハーフ+好きなドリンク+フルーツサラダ)と、せっかく苦労して来たのとお腹が空いていたので単品でもひとつ頼みました。

モーニングセット+単品

セットのホットドッグは『えびとアボカドのサラダドッグ』で、単品で『チョコレートソース仕上げのバナナドッグ』を頼みました。

ホットドッグ

正直かなりのボリュームだったので食べ過ぎか!?と思いましたが、まあ片道1時間30分&この店に来るまで更に30分くらい自転車漕いでるし、帰り道もまた自転車だからちょっと食べ過ぎてもすぐ消費するだろう。
えびとアボカドの組み合わせが大好きなのでハーフサイズのほうはすぐにペロリ。
チョコバナナのほうはクリームがかなりモリモリだったので食べきれるか心配になりましたが、おいしすぎて全然もう一本くらい食べれそうな感じでした。

高虎紅茶

ドリンクは高虎紅茶。綺麗な色。フルーティーな酸味があるすっきりした紅茶でした。

ちょうどさば子が食べ終わってまったりしている辺りで客足が増え始めてきたので出ることに。ちょうど良いタイミングに行けたようでした。

消化が捗りすぎたので更にラーメンを食べに行く

高虎ドッグから出てすぐに思ったのは、「なんか、微妙に物足りない…」。
ホットドッグが小さいとか少ないとかではなく、単純にさば子の胃が絶好調すぎて、まだまだ食えるぜ状態になってしまったらしい。
まあ、ホットドッグはモーニングだからね。次はランチを食べるだけだからなにも問題ないね、と自分に言い聞かせ、ネットで適当に店を調べる。なんだかとってもラーメンな気分だった。

津駅の駅ビルの二階にある『ぎんや』という豚そばが有名なお店に行くことに。
津駅の駅ビル『チャム』。建物自体は結構年季入ってるけど結構お店が充実していて良い雰囲気。
昼時でしたがすんなりと入れました。人見知りに優しい食券制。
豚そばで有名なお店なのにアレなんですが、すごく塩ラーメンが食べたかったので『汐そば』という塩ラーメンっぽいものを頼んでみました。

汐そば

なんかご飯も無料ですので~と言われましたが、ラーメンにライスは必要ない派なので食べませんでした。
多分店の奥で自分で盛るスタイル? ご自由に、的な感じで言われたかと思います。見てないのでわかんないですけど、まあとにかく無料だそうですよ。
汐そばは、麺が素麺? 冷麦? ってくらい細い独特な麺でした。がっつり食べたい人には足りないかも。替え玉も売ってたはず。
さば子は直前にホットドッグ食べたばかりなので、ちょうど良い量でした。
澄んでるスープの塩ラーメン大好きなので満足です。

正社員を道端でスカウトするスタイルですか?

駅ビルから出て駐輪所に行ったところでおばさまに声をかけられる。

おばさま「あの、ちょっとよろしい? あなた学生さんかしら?」
さば子「え、いえ、とっくに違います(←動揺して日本語がおかしい)」
おばさま「あら、じゃあお母さん?」
さば子「お母さんでもないです」
おばさま「そうなの? 私〇〇生命に勤めている者なんだけど、保険について感じていることを調査していて、もしよろしかったら2、3分でいいからご協力いただけませんか?」
さば子「あー、ちょっとこれから仕事に行かなきゃいけなくてー」

勧誘の気配を察知して咄嗟についた嘘ではない。
そう。先述したがこの日は平日なのである。つまりさば子は2勤の日で、15:05から工場で汗水流す予定があるにも関わらず朝から10キロ以上離れた津市までチャリで来てみちゃったわけである。

おばさま「あら。これからお仕事なの? 正社員?」
さば子「(金を持っているか探っているのか?)いえ、契約社員ですね」
おばさま「あら! じゃああなた、うちで正社員で働かない?

正社員を道端で探してくるのか保険業界ってのは。
まあ噂によると、所謂生保レディってとりあえず誰でもなれて、まず本人の家族とか知人に紹介しまくるからある程度の件数は確実に契約実績になるらしいですからね。
んでそこから先、新規で契約取れなければやめていく、みたいな、使い捨てな感じの職っぽい話を聞いたことがあります。(ちがったらごめん)

さば子「いやー、私今出稼ぎでこっちに来てるもんで、終わったら地元帰るんで」
おばさま「出稼ぎ? どこに?」
さば子「ホンダさんでお世話になってますー」
おばさま「あー、ホンダさんなら確かにお給料は良いだろうけど……こっちで正社員やる気はないの?」
さば子「そうですねー。地元帰るのは決まってるんで。あ、そろそろ行きますね。これから鈴鹿まで帰らないと…」
おばさま「え? 鈴鹿まで? うそやろ? それ(チャリ)で?」

おばさま思わず素っぽい感じになっていてちょっと面白かったです。
まさかチャリで鈴鹿から来てるとは思わなかったらしい。
その後「がんばってねー」と見送られ、鈴鹿に向かって走り出すのであった。

ナビタイムの鬼畜道案内で山中を走ることに…

帰り道はなんとなく『自転車ナビタイム』を使ってみることに。
行き先を『本田技研工業鈴鹿製作所』にしたせいか、行きと違う道が表示され戸惑ったが、仕事の時間までは余裕があったので知らない道を通るか~、と深く考えずに従った。
これが地獄の始まりとも気が付かずに。

しばらく国道23号線を走っていると、ナビタイムは『曲がれ』と言う。
行きはほぼ一本道だったのに、帰りは曲がるのか~、と思いながら従う。
…なんか急にのどかな風景が広がったなあ。

のどかだなあ…

国道23号線沿いはそこそこ栄えていたので、やや不安になるも、まあこういうのも悪くないな、とこのときはまだ写真を撮っちゃったりする余裕があった。
ここからどんどん山に入っていき、行きとは違う上りと下りの多い厳しい道になっていく。
途中歩道もなくなり、こんなとこ車以外で誰も通らねーだろという雰囲気の道路になる。
本当にザ・山って感じで、野生動物とか出てきてもおかしくないような雰囲気でした。
あまりにも不安過ぎてとにかくひたすら漕ぎましたね。なので写真とかはなく…。
しばらく頑張ると道の駅がありました。

道の駅『津 かわげ』

気持ちに余裕があれば寄っていたんでしょうが、ここで立ち止まると気力がなくなりそうだったのでスルー。
その後さらにしばらく走るとセブンイレブンがあって、ナビタイムを確認するとまだまだ先は長かった上、しばらくお店がないようだったので、飲み物と饅頭でエネルギー補給。

とにかくひたすら走りまくり、ようやく鈴鹿サーキットの観覧車が遠くに見えたときの安心感といったらもう…。
でもここからがまたかなり大変なんですよね。サーキット近くなってからの勾配きつ過ぎィ!!
途中できつすぎてチャリ押して歩きましたもん。
きつい坂を上り終わってからは、青少年の森の横を通り、無事よく知る鈴鹿の街に出ることができました。
時間に余裕はあったので寮に戻ることもできましたが、なんかもう疲れすぎてクタクタだったので、さっさと製作所に行って食堂行ってベルダでお菓子買ってダラダラ休みました。

そして何食わぬ顔して働きましたが、さば子の中では津に行って帰ってきた時点でその日がもう終わってる感じになっているんで、仕事中は意識がぶっ飛んでいました。
結構ハードな半日を終えてからの仕事だったわりに、仕事中体力的にきつくなったりミスったりは不思議としなかったです。ただただ意識がぶっ飛んでいただけで。

かなり濃い半日でしたが、結果的に帰り道も含め楽しめたんで、また余裕があるときにでも自転車で津に行ってみたいと思います。
鈴鹿市内もいろんなお店があって楽しめますが、やはり津市のほうがちょっと都会なので、更に見所が多いように感じます。
バスなどを駆使すれば楽かもしれませんが、さば子はバスが苦手なので、自転車で好きなように動き回るのが性に合っています。
さば子と同じように出稼ぎでこっちに来ている人は自転車があったほうが絶対楽しいですよ。

コメント

  1. 狭山工場のオッさん より:

    2勤前に遠出とは…チャレンジャーですね!
    私なら間違いなく突発で休みます笑(^ω^)

    オッさんなので体力的に無理なので(^^;;
    羨ましいですよ。

    まぁ、無理が効くうちは存分に楽しんだほうが良いですよね。
    これからも怪我には気をつけて楽しんでくださいね!

    • さば子 より:

      オッさんさんどうもです。
      多分あんな目にあうと事前にわかっていれば行かなかったですね。
      せっかく出稼ぎで遠くに来ているので行ける範囲は行き尽くしたいと思っていますが、三重県内ってあんまりズバリ観光地って感じの場所がないかもです。
      以前もチラッと言いましたが私は埼玉大好き人間なので埼玉製作所に行ければ良かったのにとずっと思っています。

  2. […] […]

  3. […] 帰り道、下り坂を下っていると、風で帽子が飛んで、ちょうどその場に居合わせた犬の散歩中のおばさんが声をかけてきました。津市では保険の勧誘おばさまとの出会いがありましたが、三重県人はなんというかその、人懐っこいのだろうか。まあ勧誘おばさまは勧誘だからアレだけど。 […]

  4. […] さすがに最近は前みたいに自転車で津市まで行くような元気はないので電車で。よって、店は駅から徒歩で行ける場所が望ましい。幸い駅から近い場所に結構人気のお店があったので行くことに。津駅から徒歩で1~2分。ネットで調べたときに店名が『御麺 麦 一等兵 津駅前店』と書いてあって、「結局どう読めばいい店名なんだよ」と困惑しながらも、とりあえず入る。 […]

タイトルとURLをコピーしました