スポンサーリンク

期間工ブログをやることの最大のデメリットって

どうも、さば子です。
6月後半からはじめたこのブログも、なんだかんだで三か月目に突入です。
正直、これがもし期間工ブログではなく別の仕事をしている私がやっているブログだったとしたら絶対に今ほどのアクセス数はなかったと断言できます。
こんなしょうもない内容のブログでもそこそこ見てもらえるのは、確実にこれが期間工ブログだからでしょう。

これはそもそも期間工という仕事自体が、住み込みで働く人が多いことが原因なのでしょう。
通常、特化ブログで内容の薄い日記のような記事を載せても需要がないため反応もあまり良くないと思うのですが、期間工ブログを見ている人達にとっては仕事内容だけではなく、地元を離れて別の地に住むこと込みで期間工になるということなので、『期間工としての生活』についての情報も重要なものなわけですね。
なので毒にも薬にもならない日記みたいな記事でも投稿すればそれなりに読んでもらえます。

もちろん期間工の中にはそれなりの割合で地元民もいるのですが、そもそも出稼ぎ勢と地元勢では期間工というものへの認識が大きく違っているように思います。
出稼ぎ勢はわざわざ地元を離れて住み込みで働くだけあって、お金を貯めようという意識が多い人が地元勢より多いですし、期間工ブログとか情報サイトでいろいろ調べている人も多いです。
地元勢は、そもそも期間工をやろうと思って期間工をしているというより、地元で仕事を探していたら見つけたとか、友達がいるから自分もやっているとか、そんな感じです。
普通の求人情報とかを見て応募している人もかなり多く、期間工情報をじっくり調べてから応募している我々にとっては当たり前の、紹介会社(派遣会社)を通して応募して入社祝い金をもらうということをしないで入って来ている人も結構います。もったいね。

つまり両者の一番の違いは、出稼ぎ勢は期間工をやろうと思って入社してきていて、地元勢は地元の仕事を探して結果的に期間工にたどり着いた、という感じですね。
なので期間工ブログを見る人は地元勢よりも期間工の情報を欲している出稼ぎ勢のほうが多く、結果的に日常系の内容でも読んでもらえているということでしょう。

話が逸れましたが、タイトルにある期間工ブログをやることのデメリットについて、最近たまに考えます。
メリットについては、そもそも何を目的としてやっているか、人によって違うのでなんとも言えないところではありますが……。
収益化にめっちゃ力を入れている人なら収益が入ることがメリットでしょうし、さば子のように暇つぶし目的なら暇つぶしができることがメリットでしょう。

ではデメリットってなんだろう。
「疲れすぎて全然更新できない」とかいうのは、別にやりたいときにやればいいだけで、無理してやれとは誰も言ってないので特にデメリットじゃないと思います。
ブログ更新するために寝る間を惜しんだせいで翌日仕事がつらいとか言ってないでさっさと寝ろ。

さば子が最近よく思うのは、ブログに書いた内容をうっかり職場の人に話してしまっていないか気を使うということでしょうか。
身バレ回避に命をかけていると言っても過言ではないので、万が一このブログを見ている人がさば子の近くにいて、世間話の最中にぽろっとこのブログに載せたことと同じ話をしてしまわないか、かなり気をつけています。
逆に職場で話したこと、話しそうなことはブログのネタにしないとか。

ブログをやっていることを職場で公にしている方もいるようですが、さば子にはその度胸はないので尊敬いたします。
なによりブログの内容に煽りや皮肉が多すぎてとても知っている人には見せられないyo\(^o^)/
さば子はそんなにめちゃ若いわけじゃないんで、インターネットは匿名でやるもので実名を出すなんてとんでもないという時代を長く生きておりました。
なので、最近のSNSとかを実名でやっちゃう文化?にイマイチ慣れないです。
匿名ならなに言ってもいいわけではないんですが、現実と別の世界だと割り切って遊ぶ場所という意識が強いですね。
このブログも好きにやっていきたいんで、職場の人はもちろんのこと、リアルな知り合いには一切教えていないです。
唯一の例外は期間工仲間のA子さんとB子さんくらいか。(彼女らはそもそも知り合った経緯が特殊なのである)

あまり人としゃべらないコミュ障のさば子ですら気を使わなければいけないので、普通に職場の人とコミュニケーションをとれる人は、もし期間工ブログやるなら気をつけてください。
まあ、このブログみたいに人に見られて困るようなことを書かなければ身バレしても別に問題ないんでしょうけどね。
さば子はこれからも人に見られたら困ることしか書かないので身バレに気をつけて生きていきます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました