スポンサーリンク

はじめてチームの人らと食事に行った話

ぼっちを極めし者、さば子です。
このブログでもよく言っていますけど、私は三重県に友達がいませんし、職場の行事や飲み会も一切参加せずここまできたんですよね。
職場の人間関係は非常に良好、というか、社員さん側も期間工側も、そう長くない付き合いなのがわかっているので、距離のとり方がすごくうまいように感じます。

社会人ならみんなそうじゃないの?と思われるかもしれませんが、さば子は三重に来るまでずっと地元企業で働いていましたけど、どの企業でもどうしても距離が近すぎたり遠すぎたりでトラブルが起きていた気がします。
まあ、ぶっちゃけその企業や職場のレベルが(人間も労働条件も)低かったっていうのがトラブルの一番の理由だと思います。
その点、いくら期間工が自虐的に「期間工なんて底辺っすよ~ww」と言っていても、みんな地元にいたころよりは稼げているから金銭面でも余裕があるし、ホンダくらい大きい会社だとやっぱり社員さんはみんなちゃんとした人ばかりだから人間関係でのトラブルもあまりないので、結果的に心にも余裕が生まれ、ちょっとしたことでイライラせず適当に聞き流したり社交辞令言って適度な距離で穏やかにやっていけている感じです。
(たまに人間関係のトラブルはありますけど、ほぼ確実に特定の人(変な奴)が原因で起きているので、ちゃんとした人はそういう人に巻き込まれさえしなければ関係ない話です)

前置きが長くなりましたが、タイトルの通りぼっちさば子がはじめてチームの人たちと勤務時間外に会って食事に行ったって話です。
上記したとおり、別に仲が悪かったとかではなくむしろ良好だったけど、オフの時間に職場の人に会うということをずっとしてこなかったのでこれが初。
たまにこのブログに出てくる期間工仲間A子さんB子さんは違うチームの人です。

そもそもどういった経緯でそうなったかというと、某日のラインストップの際に自分の工程の掃除をし尽くしちゃって、近い所にいた人たちと「あとなにしたらいいかなー」なんて話してたら、誰かが「××(めっちゃ汚いとこ)の掃除、しますか」と言ったもんだから、その場にいた四人がかりで大掃除をしていたんです。
で、掃除しながら鈴鹿市内の飲食店の話になって、「その店なら△△が一番おいしい」「いや、絶対■■のほうがうまい」とか話してたら、いつの間にか「じゃあ今度みんなで行こうぜ」となったわけです。

それで行ってきたんですが、普通に楽しかったですねー。
職場の人との話なんで自然と職場内の話ばかりになるんですけど、工程が離れていると情報が全然入ってこないってことが今回判明して面白かったです。
今回のメンツだとちょうどラインの前の方、中間あたり、最後の方と満遍なく揃っていたんですけど、それぞれ知っている情報が全然違いました。
職場の人の意外な一面の話とかいろいろ聞けたんですが、さすがホンダ(?)だからなのか、ゴシップ的な話題は全然ありませんでした。

さば子の歴代の職場は程度の低い人間の集まりだったからか、社内恋愛の話だけならまだしも、社内不倫とか浮気とか過去にあった不正の話だとか、そういうクソみたいな話ばかりでしたよ。(しかも頻繁に情報が更新される(笑))
おばさんが多いと噂だらけになったりしますが、やはり自動車の工場は女性の比率が少ないのでそういうところで違いが出ている感じです。

今回はじめてA子さんB子さん以外の職場の人とオフの時間に会いましたが、みんな職場にいるときとそんな雰囲気変わらないので変に気を使ったりすることもなく気楽に過ごせました。
内緒話や愚痴が多いとその場は盛り上がってもその後派閥問題とかで気を使わなきゃいけなくなったりして面倒なんですが、男性比率が高い職場ではあまりそういった話題にならないようです。(うちのチームの人がみんな良い人だというのもある)

こうして職場の人との交友を深めたさば子。
これを機に社内の行事に参加するか!?と思いきや、数日後いつも通り忘年会の出欠表に欠席と書き込むのであった。

コメント

  1. momo より:

    飲み会は人が多いからしゃーない・・・

タイトルとURLをコピーしました