スポンサーリンク

期間工の飲み会について考えてみる

新年会シーズン到来ですね。(もう終わるよ)
うちの職場は忘年会のみで新年会はないのですが、先日職場の飲み会じゃなくて職場の人数人と飲みに行ったので飲み会についてちょっと考えてみる。

会社によっても配属によっても頻度が全く違う飲み会。
期間工の歓送迎会までするところもあれば、歓送迎会は社員ののみなところもあり、どんな頻度の職場に配属になるか入社してしばらくはドキドキですよね。

さば子のチームは飲み会はそんなに多くはありません。出席しない身としては断る気まずさがあるので多くないほうがありがたいです。
さば子は以前チームの人と食事に出かけてから非公式な飲み会や食事などはちょいちょい参加していますが、職場で開かれる公式?な飲み会は欠席しています。

ホンダ鈴鹿の寮生ならわかってくれると思いますが、飲み会に参加した後、寮まで帰るの非常に面倒です。
送ってくれるという人もいるんですが、人の車乗るの緊張しますしね。
それ以前に飲み会自体が好きではない&金がないので、人に送ってもらってまでは出たくないというのが本音です。

飲み会に参加したほうが人間関係が良くなる?

よくこんなことを言われていますが、さば子的には必ずしもそうとは限らないと思います。
日頃から最低限のコミュニケーションをとれている人であれば、飲み会の機会に更に親睦を深めることができるので人間関係が良くなると思いますし、そういう人であれば参加したとしても楽しめることでしょう。

じゃあコミュ障だけどがんばって出る!というのはどうかというと、極度のコミュ障なら出ないほうが良いこともありますよ。
みんな盛り上がってるのにオドオドしてなんも喋らない人がいたら周りの人だってなんか嫌でしょ、絶対。
それでも近くに座っているから気を使って話しかけてくれる人もいるでしょうけど。
そこでなんとか会話ができて輪に入れるところまでいくのであれば良いんですが、ボソボソ返事して場の空気を白けさせるくらいなら絶対いないほうが良い。

なので超コミュ障が参加するのであればまず職場で最低限のコミュニケーションをとれるようになってからにしましょう。
期間工を雇うような大きい会社の社員さんたちはコミュ力が高いので、コミュ力高い人の中に飛び込むのは結構大変ですから。
二、三人話せる人がいればなんとなくその人たちの近くに座ったりもできるでしょうし。
(ただしその二、三人の人たちに自分より仲が良い人がいた場合そっちとつるむので結局自分はポツーン、ってこともあるある)

飲み会に参加したほうが仕事がしやすくなる?

これもよく言われていますね。
結局はさっき言った『人間関係』の部分なんで、ぶっちゃけコミュ障が我慢して参加したところであんま関係ないでしょう。
もちろんコミュ障だけどきっかけがあれば人と仲良くなれるタイプの人は、きっかけ作りに参加すると良いと思います。
やっぱり飲み会や食事会で楽しい空間を共有すると距離が近くなりますので、職場でもコミュニケーションがとりやすいのは間違いありません。

なので、『職場の居心地が良くなった』とか『社員さんに仕事の相談をしやすくなった』とかいううまみはもちろんあるんですが、期間工の仕事である各種作業自体は繰り返しやって覚えるもんなので、飲み会に参加しなくても勝手にできるようになりますし、できない人が飲み会に参加したからってできるようになるということはないです(笑)
そもそも一人で黙々と仕事をしたくて期間工を選んだという人であれば職場で話す人がいなくても特に気にならないでしょうし、そういう人が無理をして参加しても大してメリットはないと思います。

飲み会はコミュニケーションをとるための『ボーナスステージ』

結局のところ、職場の人とコミュニケーションをとりたいかどうかで参加すべきかどうか決まってくると思います。
期間工の場合、しっかりと作業をして面倒ごとを起こさなければ働き続けること自体は可能ですので、最長でも三年程度で去る場所でどこまで人間関係を築くのか考えて決めれば良いのでは。
もちろん元々コミュ力が高い人はさば子のように「飲み会コワイ。陽キャコワイ。ニンゲンコワイ」とか感じないでしょうから、お手軽に親睦を深めることのできるボーナスステージなんで出ておくのも良いと思います。

ただ、さば子的には『飲み会に参加しない陽キャ>飲み会に参加するコミュ障』なのは間違いないと思っているので、そもそもコミュニケーション能力が高い人であれば飲み会というボーナスステージに参加しなくても普段の職場でのやり取りで十分人間関係を構築できていたりします。

さば子は期間工になってからは職場の飲み会に出ていませんが、過去の職場では出たり出なかったりしていました。
その中で感じたのが、上記した 『飲み会に参加しない陽キャ>飲み会に参加するコミュ障』 という無慈悲な結果。
昔の職場に、金欠でいつも飲み会に参加しない好青年がいましたが、職場では彼が一番人気だったんですよね。(まあ職場がBBAまみれだったからというのもある
彼は職場で誰よりもコミュニケーションをとっていたので、ボーナスステージなしでもスコアが一番高かった。

なので、何も飲み会に拘らなくても普段からコミュニケーションとっておけば仕事は普通にしやすいし、そもそもそれさえ無理なら無理して参加せずひたすら自分の仕事を真面目にすればそれで十分だと思います。
でも間違っても「飲み会なんて時間と金の無駄(笑)」とか人前で言わないでくださいね。
以前別の記事でも書きましたけど、そうやって斜に構えるのが許されるのって子どものうちだけで、期間工をやるような年齢の人が言ってたらただただイタいだけです。

非公式飲み会で盛り上がったので飲み会について語ってみました。
最近良いことがあったので飲み会も結構盛り上がったんですよね。さば子の今後の仕事もかなりやりやすくなりそうですし。
皆さんもあんまりむずかしいこと考えずに、楽しめそうなら行って無理するくらいなら行かなきゃいいと思います。
まあそもそも飲み会に参加したほうが良いのかどうかで悩むのなんてコミュ障だけだがな。

あ、でも社員登用目指している子たちはがんばって参加したほうがいいよ。
私はホンダに入ってから社員登用目指す子たちがとてもがんばっているのを何度も見てきて本当にえらいなー、と感心しております。

コメント

  1. aaa より:

    コミュ障でも人間好きなので機会があれば参加したいと思うけど普段の会話で人の陰口ばかりだと気持ちがスンと冷えますね。
    こういうのって仲良くなって悪い部分だけじゃないなと思っても後に(ああやっぱり第一印象通りの人だった)と思い知るパターンになるという。

    • さば子 より:

      >aaaさん
      私もコミュ障だけど人間好きなタイプの人間ですね。
      普段陰口ばかりの職場なら、飲み会もあまり楽しくないと思うんで出なくてもいい気がします。
      私の職場は普段から陰口をほとんど聞かないんで飲み会も楽しいと思うんですが、いろいろ考えた末、今のところ出ていないです。

タイトルとURLをコピーしました